2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大鳳、信濃に次ぐ超巨大空母は?

1 :名無し三等兵:03/04/07 15:13 ID:qkG61QV7
超大鳳級とかないの?

2 :名無し三等兵:03/04/07 15:14 ID:???
双胴空母のスレはここですか?

3 :名無し三等兵:03/04/07 15:16 ID:qkG61QV7
1.信濃の艦載機数てホントに47機なのか?
2.改大鳳級が5隻建造予定という事は、超大鳳級とかの建造予定は
  なかったのか?
皆、この事について情報をキボンヌ

4 :名無し三等兵:03/04/07 15:17 ID:???
初心者スレで聞けよ

5 :名無し三等兵:03/04/07 15:20 ID:???












      ミ        ッ          ド       ウ        ェ      ー














6 :名無し三等兵:03/04/07 15:20 ID:???
メガフロート総合スレッドはここですか?

7 :名無し三等兵:03/04/07 15:21 ID:qkG61QV7
先日、販売された日本の航空母艦パーフェクトガイドを見たら
結構大鳳級て搭載機数が多いのがわかった、詳しくは本屋で
確認すべし!
しかし、信濃の艦載機数が47機とは・・・
もっと積めたのでは・・・

8 :名無し三等兵:03/04/07 15:24 ID:???
>>1 単発質問スレには誰も回答しないよ

9 :名無し三等兵:03/04/07 15:24 ID:???
氷山空母のスレはここですか?

10 :名無し三等兵:03/04/07 15:26 ID:???
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1049286532/l50
単発質問スレならばこちらでどうぞ

で、せっかくスレ立っちゃったんで答えてしまうと、信濃は中継空母
として改造を受けたので艦載機数が少なくても良かった、というのが
まず上げられる。つまり装甲空母である信濃を前線におき、後方の
通常空母(たとえば雲竜級など)から発進した艦載機がそこで補給を
受ける、という作戦が当時の海軍にあったのですね(これは大鳳にも
言える)。
あとは実際問題として大和級を改造したため格納庫や燃料タンクを
作るキャパシティがうまくとれなかったのだと思われる。

11 :名無し三等兵:03/04/07 15:28 ID:???
甘やかしだな

12 :名無し迎撃機:03/04/07 18:59 ID:???
日本本土が不沈空母デソ

13 :2CH依存者は日本中の人に謝罪しろ2CH依存者は右翼主義の豚だ:03/04/07 19:22 ID:???
貴様らは屑だ

14 :名無し三等兵:03/04/07 19:58 ID:???
新型のあう使いだろ?


15 :名無し三等兵:03/04/07 20:32 ID:???
よーしパパここで立派なメガフロート厨を育てちゃうぞ〜

16 :名無し三等兵:03/04/07 20:34 ID:???
>>15(・A・)イクナイ!

17 :名無し三等兵:03/04/07 20:56 ID:???
ミニッツとかロナルドレーガンなど超10万dじゃyない。

とレスしてみる。。

18 :名無し三等兵:03/04/07 21:20 ID:LuGYygo0
超大鳳級

基準排水量100.000トン
全長500.30メ-トル
出力300.000馬力(6軸合計)
速力35.3ノット
兵曹65口径98式10センチ連装高角砲12基、96式25ミリ3連装30基
航空燃料引火装置付き
搭載機 合計100機
乗員2.000名

19 :名無し三等兵:03/04/07 21:42 ID:???
まあ信濃は、艦載型に改修した紫電21型を離発着可能にした艦だからね。
もっとも他の空母でも問題無く離発着可能だったろうが。

20 :名無し三等兵:03/04/08 01:20 ID:DD1yCdsY
漏も日本の航空母艦Pを買った
確か信濃の搭載機数は、初めは0だったな
それから47機から50機と設定されたが・・・
図体のわりに少ないよね、あれは
見た感じでは軽く100機は逝きそうなんだけどね、格納庫は狭いのかな?
中見たことないからなんとも言えない、まあ1段だからね
それと、日本の航空母艦Pには興味のある事が書いてあった
中継空母としての案が最終的に決まったが、実際には軍部の方から
従来通りの空母案が上がっていた、
もし信濃が従来通りの空母として造られていたら凄い搭載機量になっていた
だろうね、ミッドウェーまではいかんだろうが。
後、大鳳て以外と搭載機量多いのね、86機から82機位積めた。

21 :名無し三等兵:03/04/08 01:29 ID:1B4AqKGx
>>20
 日本の空母の艦載機数が少ないのは主翼の折り方のせいじゃないかなあ
と素人考え
 翼端を申し訳程度に折り曲げる日本機に対してグラマンなんて根元から
 後ろに折ってるよね

22 :名無し三等兵:03/04/08 01:35 ID:???
>後、大鳳て以外と搭載機量多いのね、86機から82機位積めた。

これ本当なのか? 昔の本には大鳳の搭載機数は50数機と書かれてる場合が多いけど。





23 :かおりん祭 ◆VqKAORinK6 :03/04/08 01:38 ID:???
\(^▽^)/新スレおめでとうございまーす♪


24 :名無し三等兵:03/04/08 01:49 ID:???
>>23
(*´▽`*)モウチョットガンバリマショウ

25 :名無し三等兵:03/04/08 01:57 ID:DD1yCdsY
>>22
詳しくは、本屋で日本の航空母艦Pを見るか買うべし
(注)補用機を含めてね
それと○には78機と書いてあった。
何故、日本の空母は搭載機数が少ないのか?少ないといってもイギリスとか
と比べると多いが・・・
1.露天係止をしない。
2.艦載機の性能(主翼の付け根から折り畳まない)
  人でいうとアメリカ機は腕から畳めるが日本機は手首から畳める
  ただし、97艦攻は腕から畳めた、確か・・・
後、M氏の本にグラーフ・ツェッペリンについて書いてあった興味深い内容
  艦載機数は、43機とあるが実際には運用してみて増やす予定だった
  可能性大。
3.日本の場合、格納庫に収容するさい羽を折り畳まない場合が多い、
  理由は何時でも緊急発進できるようにしてある為。

26 :名無し三等兵:03/04/08 09:02 ID:DD1yCdsY
>>1
超大鳳級か?日本側が有利になったら建造されたかもな
ちなみに、ミッドウェー級は、アメリカが太平洋戦争勃発時
日本が超大型空母を建造しているという情報を得てエセックス級の拡大型
ミッドウェー級の建造に着手したとある。
太平洋戦争勃発時だからこの超大型空母は、信濃ではない
まあ、アメリカ側の早とちりだが
超大鳳級ができるとしたらアメリカ側がエセックス級を
越える超大型空母(ミッドウェー級)を建造中という情報を入手
ミッドウェー級に対抗出来る超大型空母を建造という事になるだろう。
ミッドウェー級は合計で6隻建造される予定だった。
ちなみに日本では、雲龍級16隻、改大鳳級が5隻が建造予定だったが
これは、ミッドウェー海戦後に戦時建造計画○急計画のもの
日本がミッドウェー海戦後、戦果が有利になっていればさらなる計画が
追加されただろう。
超大型空母ミッドウェー級を建造中という情報を入手したら
たしかにミッドウェー級に対抗した超大型空母が建造されてもおかしくはない
実際、大分県の大神に40万トン級の艦船が建造できる工廠が造られる計画が
あった。改大和級、超大和級があるのだから超大鳳級というのもあっても
変ではない。
ミッドウェー級を越える空母を造るのだからさぞデカいだろうな、
ミッドウェー級の性能は、基準排水量45000d、全長295.2b
全幅41.5b、速力33ノット、搭載機数145機
これ以上となると、基準排水量50000d以上、全長300b以上、
全幅45b以上、速力34ノット以上、搭載機数160機以上になると
思われる。

27 :名無し三等兵:03/04/08 09:48 ID:???
露天係止をしないってのは間違ってたんじゃなかっ竹

28 :名無し三等兵:03/04/08 09:59 ID:DD1yCdsY
>>27
基本的には露天繋止しないとなっている。
大鳳とか、信濃とかは露天繋止したが・・・
赤城とか加賀とか翔鶴とも露天繋止したらプラス12機位は増えたと
思う。
プラモで確かめるべし!
漏は、信濃で試したが、結構積めたぞ。
ああ、信濃の格納庫てどうなっていたんだろうか?知りたい。

29 :名無し三等兵:03/04/08 10:07 ID:Bcj1CQdK
>28
ウォーターラインの信濃は格納庫再現されてるけど、
どこまで信じてよい物なのか・・・

30 :名無し三等兵:03/04/08 10:26 ID:DD1yCdsY
>>29
信濃は、大和以上の機密艦だった為、詳しい詳細がわからないのが現状。
○に信濃の建造に携わった人の会談が載っていたが、
余り参考にならなかった、参考になったのは、現在でもアメリカの
空母の修理ドックとなっている横須賀の6号ドックだけかな、
340bのドックね。
信濃竣工当時に、空母に搭載できる機体が圧倒的に不足していたのだから
当然、搭載機数も少なくなった。
もし、それ相応の機体数が揃っていれば、それなりに搭載機数が増えたと思われる
実際、運用してね。
TVドキュメントとかで潮岬沖に沈んだ信濃を撮影とかやってくれないかな、
大和より視聴率があると思うが、「大和級3番艦、巨大空母信濃を追え」とか。

31 :名無し三等兵:03/04/08 10:28 ID:???
>>30
NHKに懇願のメール送れ

32 :名無し三等兵:03/04/08 10:32 ID:DD1yCdsY
>>31
NHKにそんな予算があるとは思えないが・・・
坊ノ岬沖に沈んだ大和を撮影するだけでも大変だったんだ
潮岬沖に沈んだ信濃を撮影するだから大変だよ、
多分、信濃の方が大和より深いところに沈んだと漏は思う。

33 :名無し三等兵:03/04/08 10:34 ID:YDUR0w4e
>ミッドウェー級を越える空母を造るのだからさぞデカいだろうな、
>ミッドウェー級の性能は、基準排水量45000d、全長295.2b
>全幅41.5b、速力33ノット、搭載機数145機
>これ以上となると、基準排水量50000d以上、全長300b以上、
>全幅45b以上、速力34ノット以上、搭載機数160機以上になると
>思われる。

ミッドウェーって日本の大型空母の情報に触発されて・・・てホントか
モレは初耳だな。
アメリカがミッドウエー級を作った情報が日本に入ったとして、
日本にそれを作る時間、能力があったとしても、5万トンの空母
を作ろうとしたか疑問だな。
大型の空母は、防御力を向上できる、大型(重い)飛行機を運用しやすいぐらい。
デメリットは、建造施設が限られる。建造期間がかかる。隻数が限られるので
運用しにくい。

戦艦は大きくなれば大きくなるほど、攻撃力を大きくなり防御力も
向上するので、大きくするとメリットは大きいが、
攻撃力を飛行機に依存する空母の場合、同じ飛行機を同じ数だけ運用できるので
あれば船の大小は関係してこない。また500キロ爆弾や航空魚雷に対する
防御力も三万トンあればじゅうぶんにとれるので、これ以上大きくするメリット
少ないでしょう。
5万トン空母2隻より、2万5千トン4隻の方を選ぶのでは


34 :名無し三等兵:03/04/08 10:46 ID:DD1yCdsY
>>33
>ミッドウェーって日本の大型空母の情報に触発されて・・・てホントか
>モレは初耳だな
これは、某大手シュミレーション会社の本のミッドウェー級に載っていた。
アメリカの未完成艦を知りたければ、ラージバトルシップデザインという本を
見るべし!モンタナ級とか載っている。
それと、
>ミッドウェー級の性能は、基準排水量45000d、全長295.2b
>全幅41.5b、速力33ノット、搭載機数145機
>これ以上となると、基準排水量50000d以上、全長300b以上、
>全幅45b以上、速力34ノット以上、搭載機数160機以上になると
>思われる
は、あくまで想定である。事実ではない事を再確認されたい。
あくまで日本の戦況が有利で資材、予算等に余裕があった場合で
さらに軍部の中に航空屋が増えて、空母の重要性が再確認され
空母主戦派が実権を握った場合である。
無論、大神工廠が完成されているは必須である。
横須賀の6号ドックで建造できない訳ではないが・・・

35 :名無し三等兵:03/04/08 11:22 ID:DD1yCdsY
>>33
>大型の空母は、防御力を向上できる、大型(重い)飛行機を運用しやすいぐらい。
>デメリットは、建造施設が限られる。建造期間がかかる。隻数が限られるので
>運用しにくい。
日本は、数より質を取る癖がある、国力の違い。
”じゃなかったら大和なんか造らないで、金剛級を量産していた”
エセックス級でさえ24隻造られたし、ミッドウェー級も最終的には6隻造られる
予定だった。差は歴然。これに対抗するには、質で勝る艦を造るしかないでしょう。
紫電改、烈風、天山、流星、流星改と、以前の零戦、99式、97式と比べ
大きさも、重量もある艦載機を大量に運用するには、空母の巨大化は免れない。
>戦艦は大きくなれば大きくなるほど、攻撃力を大きくなり防御力も
>向上するので、大きくするとメリットは大きいが、
>攻撃力を飛行機に依存する空母の場合、同じ飛行機を同じ数だけ運用できるので
>あれば船の大小は関係してこない。また500キロ爆弾や航空魚雷に対する
>防御力も三万トンあればじゅうぶんにとれるので、これ以上大きくするメリット
>少ないでしょう。
艦載機が大型化するのだから、空母も大型化するでしょう、
甲板の強度、艦載機の燃料、弾薬等、機関出力、更に発展すると考えて、
大型機用のカタパルトの設置、電子装備等の充実を図った艦橋、
ジェット機化に伴ってアングルドデッキの設置等。
最終的には、現在の空母みたいになる。

36 :名無し三等兵:03/04/08 11:36 ID:hTP6l9yd
福田氏によると、マル5の初期では45000tの空母を考えてたみたいね。
日本では公試でいう場合が多いから、基準で38000-39000T位か?
CV41は、よく自国の損害とイラストリアスの実績により計画された。と聞きますが、それで45年竣工は、もうアホとしかいえない建造能力です。
日本の戦時中の雑誌に、戦艦空母を建造中と紹介されてたそうです。

37 :名無し三等兵:03/04/08 12:04 ID:???
双胴空母ならば船殻別々に造って海上でつなぐというのもあり?
定期点検は隣り合ったドックをまたいで入るとか(謎)。

38 :名無し三等兵:03/04/08 14:31 ID:YDUR0w4e
>日本は、数より質を取る癖がある、国力の違い。
>”じゃなかったら大和なんか造らないで、金剛級を量産していた”

戦艦は大きくするメリットがあるというておるだろうが。

>紫電改、烈風、天山、流星、流星改と、以前の零戦、99式、97式と比べ
>大きさも、重量もある艦載機を大量に運用するには、空母の巨大化は免れない。

大戦後期の新型機程度なら3万トンでも余裕で運用できるでしょ?
航空機が飛躍的に大型化していくのはジェットエンジンが実用化が必須条件なので
、1940年代前半の空母にそれほど巨大、大重量の航空機を将来的にでも運用する能力
は要求されなかったと思われる。仮に大戦が起こっていなかった場合なら
ジェットエンジンの実用化はさらに史実より遅れたであろうあろうから、
大重量の大型機を運用する能力が要求されることはさらに求められなかった
であろう。

39 :名無し三等兵:03/04/08 14:36 ID:uj6gfNwy
http://www.warbirds.jp/truth/ijn_cv.html

40 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/08 14:46 ID:7LdubS6a
C以降、日本の空母整備方針は、米空母に対し、質を度外視した数の均衡です。
その方針に従って、軽空母の改装がスタートしたんですよ。

41 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/08 14:50 ID:7LdubS6a
なお、「質を度外視した数の均衡」は「海軍軍戦備」に明記されています。

42 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/08 15:02 ID:7LdubS6a
>>22
それ、烈風・流星・彩雲トリオで計算された数値です。
あ号作戦時は75機程度搭載していた模様。

信濃についてはご存知の通り中継空母なので、自艦の搭載機以外に収容スペースを確保していると思われます。
おそらく80機以上の収容能力を有しているのではないかと。

43 :名無し三等兵:03/04/08 16:03 ID:DD1yCdsY
>>38
>戦艦は大きくするメリットがあるというておるだろうが。空母も同等であるよ。説明は下で!
>大戦後期の新型機程度なら3万トンでも余裕で運用できるでしょ?
>航空機が飛躍的に大型化していくのはジェットエンジンが実用化が必須条件なので
>、1940年代前半の空母にそれほど巨大、大重量の航空機を将来的にでも運用する能力
>は要求されなかったと思われる。仮に大戦が起こっていなかった場合なら
>ジェットエンジンの実用化はさらに史実より遅れたであろうあろうから、
>大重量の大型機を運用する能力が要求されることはさらに求められなかった
>であろう。
何度でも言うが、戦争が長引いた場合での想定である。>>35の説明に付け加える。
某大手シュミレーション本より索引
*(前略)飛行甲板を装甲化すると重心が上がるので格納庫の高さを低くしなければ
ならなくなり、艦載機の減少を招く。
(前略)アメリカ海軍としても多少の被弾でも戦闘を続行出来る装甲空母の建造を
求める声は大きかった。そこで1942年度計画でエセックス級の次の空母として
ミッドウェー級を建造することになった。
(前略)装甲空母の欠点である艦載機の減少は攻撃力の低下につながるので船体を
大きくしていままで搭載機数を維持することにした。その為排水量はエセックス級
よりも6割以上大きくなり、超大型の航空母艦となった。
以上の事から、通常の空母(翔鶴級、雲龍級)なら>>38の通り3万d前後で
OKだろう、飛行甲板を装甲化しないのだから、2層、3層の格納庫にしても
重心のバランスが保たれ、搭載機数も攻撃力の低下にはならない。
しかし、大鳳級、ミッドウェー級のような装甲空母となると話は別なのだ、
2層、3層の格納庫にする事はできない、重心のバランスがなっていないので
復原力がなく転覆してしまう。
だから、1層の格納庫にして広くしないと駄目、だから船体は巨大化して
しまうのである。重要なのは、1つ。空母の攻撃力は、艦載機の量で決まる。これは誰の目からして明らかである。
装甲化してかつ搭載機数を多くするには、巨大化は避けられない。
以上、終了である。

44 :名無し三等兵:03/04/08 16:13 ID:DD1yCdsY
>>42
信濃のプラモで再度試したら、90機位載せられる。
無論、露天繋止も含めて、というか、露天繋止しないと90機は無理。
信濃の設計図をみると、前部昇降機と後部昇降機は、共に艦首、艦尾ぎりぎりの
ところにある。よって格納庫は、かなり広かったに違いない。


45 :名無し三等兵:03/04/08 16:19 ID:???
ぶっちゃけ、ハードなんかいくら揃えても、ソフトがぼろぼろ
なんだから意味ねえじゃん。人的損耗を押さえる努力が足らない。
ハードの性能でアメさんと張り合おうってことを、負けまくって
いるなかで、まだ考えていたんだな・・・

46 :名無し三等兵:03/04/08 16:24 ID:jXIioHOS
アメリカは多段格納庫を考慮したことはないのでは?
防御を充実したらでかくなっただけでしょう。
CV41の次に考えたのは、パナマ通れる35000T位の空母だったりした。
次期空母のソースは世艦434でした。

47 :名無し三等兵:03/04/08 16:32 ID:DD1yCdsY
>>36
福田氏の本は、貴重であります。
漏も、読みました。
排水量45000d級の空母となるとイギリスのアークロイヤルVクラスで
しょうね。
容姿は、どんな型だったのだろうか?
妥当な考えだと、やはり大鳳級の拡大版か、もしくは、翔鶴級の拡大版か。

48 :名無し三等兵:03/04/08 16:43 ID:DD1yCdsY
>>46
アメリカは、1段式に開放式とレンジャーから決まってますね。
日本も、大鳳級、信濃級を見るとかなり考え方が変わったと思う、
飛行甲板の装甲化、開放式の採用等、戦争が続けば、更に進化したでしょう。


49 :亀レススマソ:03/04/08 16:50 ID:???
>>25

本当か?
元呉海軍工廠造船部部員兼第十一空廠飛行機部部員の堀元美氏が、『海鷲の航跡』という本で63機程度と書いてたが。

>>26

雲龍級は改型も含めて15隻じゃなかった?
急計画で1隻、改五計画で14隻だったような気がしたが。


50 :名無し三等兵:03/04/08 16:59 ID:DD1yCdsY
>>49
それぞれの本によっては、詳細な数が違うので
自分で「これだ」と思ったものを信じるべし!
*例えばティーガー戦車の最大装甲厚は、本によって100oとか110oとか
ある。
ちなみに漏は、多数決で決める、これ民主主義。


51 :名無し三等兵:03/04/08 17:06 ID:GotsOV2U
あ号のときの601の定数/225機ってのが、
大鳳の当時の搭載機数を表してないかな?

52 :名無し三等兵:03/04/08 18:20 ID:???
浮沈空母としてマリアナ諸島の航空基地があるだろ!大丈夫だよ。

53 :名無し三等兵:03/04/08 18:37 ID:2BGrwBht
高級品よりも、コロッサスみたいな方が萌えるなー。
あれで9tまでの飛行機運用できるのは凄い。
日本だとG18を遅くしたような感じか?
カタパルトないと話にならないけどね。

54 :名無し三等兵:03/04/08 18:51 ID:???
翔鶴級クラスの搭載機数に甲板を装甲すると、どれ位になるのでしょうか?
4万t位か?
結局そこらへんで落ち着くのでは。

55 :とらいばる:03/04/08 20:05 ID:YDUR0w4e
>高級品よりも、コロッサスみたいな方が萌えるなー。

日本でも、ミッドウエー戦後に、そこそこの速度でそこそこの機数でも
量産重視の空母というコロッサス級に近い案があったようです。
雲龍クラスでなくこっちの案を採用していたら建造期間が
短くてすみ、戦局に多少の影響を与えていたかもしれません
(パイロットの確保がでてていれば)。

ある程度の大きさまで大きくしていくと、飛行甲板に装甲を張って、二段格納庫
にしてもバランスが崩れない空母が出来るハズだよね?
この割合が最強の空母ではなかろうか?
さて何万トンになるでしょ?


56 :名無し三等兵:03/04/08 20:17 ID:???
>>52
迎撃がお粗末なのでいつも奇襲されてスクラップ

57 :名無し三等兵:03/04/08 20:44 ID:325jBA7k
 そりゃ、空母や戦艦に限らず、フネと名の付くモノにはスケールメリット
があるから、制限がなけりゃ大きくなるさ。その方が経済的だから。

 陽炎級駆逐艦と妙高を比べりゃt当たりの必要馬力が半分以下になってる
大型艦は機関重量を節約できる分、防御力や搭載力に振り向ける事が出来る
上に燃費が安いの。

 次に航空機に関するある程度の技術予測が出来れば、現在の空母の大きさ
では手狭になる事は予想できる。艦艇の寿命は30年あるんだから。

 零戦の当時ですら1世代で30ノット増といわれてた。あの当時の一世代って
のは3年だ。現実にエセックス級ですら60年代に入ると手狭になって、対潜空
母や揚陸艦に種別変更されてる。寿命は20年足らずしか無かったわけだ。

 飛龍は戦没したから名艦扱いだが、1950年代まで生き残ってみろ条約の制
限を引き摺って作られた駄作艦扱いは間違いの無い所だ。正規空母としての
寿命が10年程度しか期待できない。

58 :名無し三等兵:03/04/08 20:45 ID:???
戦前も今も米の正規空母の搭載機数は、あまり変わらない。
基準はそこらへんにあるのでは。
装甲化やジェット機対応等で艦体が大型化してるけど。
日本の場合だと、翔鶴級が基準になったと思います。


59 :名無し三等兵:03/04/08 21:38 ID:5EBVmvmU
戦後のジェット時代には、多段格納庫の空母では天井が低すぎ。
イギリスもインプラ残さずにビクトリアス改装したしなあ。
アークロイヤルも苦労したんだろうなー。

60 :名無し三等兵:03/04/08 21:44 ID:???
ジェット時代の多段空母萌え

61 :名無し三等兵:03/04/08 21:46 ID:lwvTsEig
ジェット時代でもソ−ドフィッシュ萌え

62 :名無し三等兵:03/04/08 21:54 ID:???
空母艦載機の数が上限80〜90機前後で変動しないのは、運用効率上の問題だか
らと当事者から聞いたことがある。
アルファ・ストライクに投入できる効率的な上限数を基準に考えれば、現状そ
んなものなんだと思う。

63 :名無し三等兵:03/04/08 21:55 ID:???
戦艦から中途改良した赤城や信濃はともかく
当時の空母の命名基準は、確か飛ぶものを意識した名称ですよね。
鳥とか竜とか。。
すると鳳凰や雲竜のような名称の空母が出てもおかしくなかったかな?

64 :名無し三等兵:03/04/08 21:59 ID:???
雲龍は実在しますよ。
そういやその後は山の名前ですな。天城、葛城、生駒、阿蘇、伊吹。

65 :名無し三等兵:03/04/08 21:59 ID:???
↑??

66 :名無し三等兵:03/04/08 22:04 ID:DD1yCdsY
>>54
翔鶴級の飛行甲板に装甲を施すと・・・
翔鶴級の基準排水量が25675d、全長257.5b、全幅26b
ちなみに大鳳級が29300d、全長260.6b、全幅27.7b。
・・・
大鳳級は、500s爆弾の急降下爆撃に耐えられるように20o鋼板の上に
75oの装甲が張られていた。
・・・
242.2b(飛行甲板)に75oの装甲を張ったとすると
重さは・・・結構なものになりますね。
それと格納庫は2段式ではなく1段式になるのでやはり船体が大きくなる。
搭載機数84機維持となると・・・
計算はしていませんが、大体37000dから42000dクラスになるのでは
ないでしょうか?
外見は、やはり大鳳級になってしまう可能性大ですね。
上でも書いた通り、飛行甲板に装甲を施すと復原性の関係から飛行甲板を
低くしないといけない、低くすれば凌波性が低下するのでエンクローズド・バウ
形式になるし従来の外舷起倒式煙突だと海水が逆流するおそれがあるので
艦橋と一体化した島型艦橋になるでしょう。
上とは別として、翔鶴級を翔鶴級の外見のまま、45000d級に拡大したとしたら凄い搭載機数に
なっていた可能性大です、蒼龍をプラスしたと考えて下さい。


67 :名無し三等兵:03/04/08 22:05 ID:???
>>64
いちたすいちはに。
ですね。

68 :ミリ屋哲 ◇qmwryStCos:03/04/08 22:05 ID:???
名無しの中に、コピペ野郎が混じって煽っているんだろうとおもうとぞっとしないな。
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1045065116/
隔離スレ作ったからこいや。                                                               



69 :ミリ屋哲 ◇qmwryStCos:03/04/08 22:06 ID:???
名無しの中に、コピペ野郎が混じって煽っているんだろうとおもうとぞっとしないな。
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1045065116/
隔離スレ作ったからこいや。



70 :名無し三等兵:03/04/08 22:13 ID:???
>>64
伊吹は赤城や信濃同様改装だから。
それから笠置が抜けてるぞ

71 :名無し三等兵:03/04/08 22:14 ID:DD1yCdsY
>>58
翔鶴級と大鳳級はかなり評価が高いですね。
どちらも理想的な形となっております。
搭載機数を取るなら翔鶴級、空母の防御を取るなら大鳳級。



72 :名無し三等兵:03/04/08 22:16 ID:???
日本の空母には、カタパルトがなかった。
それがあれば空母の艦載機運用能力も大きく上がったのに

73 :名無し三等兵:03/04/08 22:18 ID:???
>>72
小型空母や低速空母はね。
米空母だって正規空母はカタパルトは緊急発艦以外にはそう常時は使わないよ。

74 :名無し三等兵:03/04/08 22:25 ID:???
>>71
搭載機と防御の両方を並立させたのが、次期空母のありうべき姿だったのでしょう。

75 :名無し三等兵:03/04/08 22:30 ID:???
>>67
???

76 :名無し三等兵:03/04/08 22:31 ID:DD1yCdsY
>>72
日本は最後まで実用化できなかったですな、
(加賀にはカタパルトの溝があったが肝心のカタパルトの装置が完成できなかった)
ドイツでさえ実用化できたのに・・・火薬式だけど・・・
まあ、艦載機が大型化すればいずれは、カタパルトの必要性があがったと
思われます。離艦促進ロケットでは効率が悪いでしょうから。


77 :名無し三等兵:03/04/08 22:36 ID:???
もしも、あの戦争がなかったのなら、今の日本海軍はどうなってたのかな。
原子力空母4隻集中配置とかしてたんだろうかw

78 :とらいばる:03/04/08 22:37 ID:YDUR0w4e
>翔鶴級と大鳳級はかなり評価が高いですね。
>どちらも理想的な形となっております。
>搭載機数を取るなら翔鶴級、空母の防御を取るなら大鳳級。

同じ船体、同じ機関の空母に、
通常飛行甲板+二階建ての格納庫を載せたのが翔鶴
装甲飛行甲板+1階だて格納庫を載せたのが大鳳と思えばいい。

もちろん細部は違うが

79 :とらいばる:03/04/08 22:42 ID:YDUR0w4e
装甲型空母で航空機が減るデメリットを
空母の大型化や数を増加で乗りきるのではなく、航空機の収納時のコンパクト
化でのり切れれば、船屋はラクだったろうな。
収納時の床面積を2/3程度のすれば、装甲空母のデメリットを解消できる。

飛行機屋はイヤがるだろうが・・・

80 :名無し三等兵:03/04/08 22:44 ID:GkcRoSw1
大鳳の格納庫は二階建てよん。幅は狭いけど。
翔鶴の甲板を一段減らして、その分を上部格納庫の両側に配置した感じ。

81 :名無し三等兵:03/04/08 22:48 ID:???
戦時建造だと工期という要素も加わるな。
エセックスは平均21ヶ月程度、最短14ヶ月で竣工したはず。
大鳳の隠れた欠点は工期の長さ。(35ヶ月だっけ?)
昔のアメ空母は船体さえ造れば上甲板以上はバラック建築も同然だもんなぁ・・・。

82 :???:03/04/08 22:56 ID:CuwYLvSy
>>77
大変興味深いです。

83 :名無し三等兵:03/04/08 22:58 ID:jXIioHOS
大鳳は飛鷹進水後の7月起工だから32ケ月位か。
日本ではかなり速いとは思います。
ただ、フランクリンの13ケ月も凄いが、ミッドウェーの23ケ月ってのはエライコッチャ!

84 :名無し三等兵:03/04/08 23:11 ID:???
たしかに量産性は重要。兵器は所詮消耗品という発想が日本にはできなかった。
不沈戦艦とか不沈空母などにこだわったのは貧乏国の悲しさか。

85 :名無し三等兵:03/04/08 23:31 ID:???
できなかったというか、無限な資材確保が前提の兵器計画はやったと
しても戦略として破綻したよね。きっと。
量産性に優れた(百歩譲っても米兵器と同程度)兵器開発したとしても
実際に資材はおそらく枯渇しただろうし、譲って昭和20年夏の状態で
蘭印や南方資源をかろうじて持っていたとしても実際にはアメリカと講和できる
などという良好な戦況にはもってけなかったんじゃないの?
さすがに沖縄は落ちてないかとはおもうけど。(20年夏にはね。)

考えたくも無いけど、もっと多くの原爆が落ちてたか
ロ助に北半分を蹂躙されてたかも。
少なくとも北海道には上陸(占領とまではいかないまでも)されてたな。

86 :名無し三等兵:03/04/08 23:32 ID:DD1yCdsY
>>80
ん?、2段式でしたけ、確か1段式だと
ttp://homepage1.nifty.com/uechin/3chome/senkan6.htm
漏が間違っていたら失礼!

87 :名無し三等兵:03/04/08 23:51 ID:QUZp3lSv
78については、アークロイヤルとイラストリアスの関係がそのままあてはまるような。

88 :名無し三等兵:03/04/08 23:54 ID:???
日本も政治家の名前を空母につけようよ。

89 :名無し三等兵:03/04/09 00:13 ID:GEUFNnGG
すみませんが、小松兵曹長の事を誰か知りませんか?
大鳳に向かってくる魚雷に体当たりしたとかいう事が
プラモの説明に書いてあったのですが・・・

90 :名無し三等兵:03/04/09 00:27 ID:Z7PSCtwL
>>89
確か、マリアナ沖海戦の第一次攻撃時、彗星に載って、潜水艦の魚雷に体当たりをかけた人
だと思います。
失敗したという話もあれば、成功したという話もあります。
いずれにせよ、果敢な人であったのは間違いないです。
エリア88にも似た話が・・・!


91 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/09 00:33 ID:0Bo55sKu
>>49
マル急で雲龍1隻、改Dで雲龍15隻&改大鳳5隻です。
なお、改Dの雲龍級の内、横須賀建造予定の2隻は信濃改造の決定により、早々に計画中止となっておりますので
改Dでは実質雲龍13隻、信濃、改大鳳5隻が計画され、内3隻完成、3隻未完、13隻起工中止という結末です。

>>70
雲龍級7番艦が予定艦名「鞍馬」というところまで決定済のようです。

>>78
すでに指摘済みですが、大鳳は2段格納庫です。
大鳳が削ったのは格納庫以外の甲板1層分です。

92 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/09 04:28 ID:kIm4pNKr
なお、大鳳も信濃も装甲範囲は前後のエレベーターの間、
離着艦に必要な最低限の領域と判断された部分のみです。
艦首・艦尾は普通の空母同様。

ミッドウェーはどうだったっけか・・・?

93 :名無し三等兵:03/04/09 07:55 ID:Z7PSCtwL
>>86 >>80 >>91
ttp://www.sumomo.sakura.ne.jp/~asahi/IJN/DIC/A02-DIC.html
ttp://homepage1.nifty.com/uechin/3chome/senkan6.htm
ぬぉぉぉぉ、漏とした事が・・・
よく読むと確かに2段式格納庫になっておるぅ。
今の今まで気づかんかった。(汗)
再度、大鳳級等の勉強し直してきます。
しかし、上にも書いてあるが、2段式にすると流石に低かったみたいですね。
やはり、復原力の問題があるのでしょう
1段式にして高い格納庫にするか、2段式にして低い格納庫にするか、
ただ、日本の場合は、一環してとまではいきませんが
やはり、2段式が主流のようです。

94 :名無し三等兵:03/04/09 08:00 ID:Z7PSCtwL
>>93
失敬、上のHPを見ると2段式ではなく3段式が主流みたいです。
大鳳級、信濃級のような装甲空母の場合は、2段式で
他は、3段式のようです。

95 :名無し三等兵:03/04/09 08:10 ID:Z7PSCtwL
>>94
再度のレス失敬、
また、ミスりました。
2段式が主流で、赤城級、加賀級は3段式のようです。
BSの航空母艦に載っておりました。
ちなみに、その内容は、
*航空母艦は飛行機を格納するために、飛行甲板の下のほとんどのスペースは
飛行機格納庫に充てられていた。この配置は日本空母の標準的なスタイル
であった。ただし、「赤城」と「加賀」は船体に余裕があったため、格納庫は
3段とされている。とあります。
もし、信濃も中継空母としてではなく従来の空母のように設計されていたと
したら、3段式になっていたかも・・・船体は、大和級だから!

96 :名無し三等兵:03/04/09 10:23 ID:ek3Gz5vx
加賀の格納庫は3段だけど、なぜかエレベーターが通っていない。
それでも、改装後は赤城よりはるかに搭載機が多いので赤城の格納庫に問題があるのかも。
大鳳も、下部格納庫の艦橋部分の右半分は煙路があるため、かなり傾斜しています。
以上のことを考えると、なるべくでかい空母作って、格納庫は1段で、できるだけ広く取る
というのが一番効率や使い勝手がよさそうですな(信濃やエセックスの方向かな)。


97 :96:03/04/09 10:43 ID:???
>加賀の格納庫は3段だけど、なぜかエレベーターが通っていない。
エレベーターが通っていないのは一番下の格納庫のことでした。
そまん

98 :名無し三等兵:03/04/09 11:55 ID:???
>>92
> ミッドウェーはどうだったっけか・・・?
http://www.voodoo.cz/ww2car/ships/usa/midwayclass.html

99 :とらいばる:03/04/09 12:56 ID:DQv+JJHL
>なお、大鳳も信濃も装甲範囲は前後のエレベーターの間、
>離着艦に必要な最低限の領域と判断された部分のみです。
>艦首・艦尾は普通の空母同様。
>ミッドウェーはどうだったっけか・・・?

イギリス艦はどうだったんでしょ?
特に表記してないってことは全通?
あと前期型と後期型では機数が違いますが
何をかえているのでしょ? 装甲を薄くするとか
装甲区間も短くしてダイエットさせたとか?


100 :名無し三等兵:03/04/09 13:16 ID:???
>>99
> イギリス艦はどうだったんでしょ?
エレベータの間だけのようです。

http://www.fleetairarmarchive.net/Ships/ILLUSTRIOUS.html


101 :名無し三等兵:03/04/09 13:22 ID:???
>>99
> あと前期型と後期型では機数が違いますが
> 何をかえているのでしょ? 装甲を薄くするとか
> 装甲区間も短くしてダイエットさせたとか?

格納庫の側壁の装甲を薄くしてダイエットだそうです。
http://www.fleetairarmarchive.net/Ships/Indomitable.html

102 :名無し三等兵:03/04/09 18:05 ID:Z7PSCtwL
福田氏の本にも、載っていた45000d空母の話、
他にGKの翔鶴型空母にも載っていた。
面白い事に、翔鶴型は4隻とか、大和型7隻とか建造計画があったらしい。
興味のある人は、見てくれ!

103 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/09 18:10 ID:zb0zxQ7W
>>99
前期型は1段格納庫。
中期型は部分的に2段格納庫。
後期型は2段格納庫。
既述のように側舷装甲を薄くして重量をかせいでます。

>>102
大和型7隻はB×2、C×2、D×3ということではなかろうか?

104 :名無し三等兵:03/04/09 18:20 ID:Z7PSCtwL
>>102
この
ttp://www8.big.or.jp/~george/endo/zadankai.htm
にも載っている。
まだまだ、謎に包まれた部分があるな、
ちなみに、漏は、呉の海事博物館に行った事があるがとある場所に
広大な旧海軍に関する見られない資料等があった。
見てみたかったが、関係者以外立入禁止とあった。
非常に残念である。
旧軍はアメ公に没収されまいと、重要な書類は大半焼却処分したからな、
もし残っていたら、これは国宝級である。

105 :とらいばる:03/04/09 18:34 ID:DQv+JJHL
>面白い事に、翔鶴型は4隻とか、大和型7隻とか建造計画があったらしい。

大和型と大和の20inバージョンで7隻というのは定説になっているな。
空母は翔鶴型2隻、大鳳1、大鳳の準同型艦5隻ってのが定説になっていないか?

大和型7隻と三万トンクラス空母8の7、8艦隊か。カッコイイ!!

106 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/09 18:38 ID:zb0zxQ7W
>>105
それちゃう。
空母建造計画はB×2、C×1、D×3(4万5千〜5万t×2、1万5千〜2万t×1)。
大鳳の準同型艦は平時のままなら建造されなかった可能性が高い。
なお、前述したけど日本空母は数の均衡を保つため、必要に応じて空母予備艦からの改装を進めます。

107 :名無し三等兵:03/04/09 18:44 ID:???
アメリカ軍は珊瑚海海戦の頃、日本に「龍鶴」なる新空母があると推測していたらしい。
翔鶴級3番艦と思っていたのだろう。

108 :名無し三等兵:03/04/09 18:47 ID:Z7PSCtwL
そう言えば、伊勢級も、実際は2隻しか建造されなかったが、
そこそこ建造される筈だった。
それも、途中から空母に改装される予定だったと聞く。
確か、○か何かの伊勢級の本に書いてあった。
今から、調べてくる。

109 :名無し三等兵:03/04/09 19:32 ID:???
>>76勘違いしとるようだから言っておくけど
原因は零戦が脆くて運用できなかっただけだ。
大体アレは戦闘機の緊急発進用だからな。

110 :名無し三等兵:03/04/09 19:58 ID:???
>>106
G14については、殆ど謎のままなので、下で45000tとして遊んでみました。

ところで、福井氏の「日本の軍艦」の巻末の表において、Dの新型空母の蘭は、
基準で30100Tとなっており、注記で「実際はそれより大型」と書かれていますね。
実際のところ、詳細を詰める前にポシャったようなので、戦争始まる以前に、
造船所の能力もしくは、作戦的な理由で「次は大鳳とほぼ同じね」と決めていたのかも
しれない気がします。

おまけ
公試:45000t(大鳳を大きくしただけ試算)、基準排水量:39500T
水線長:278m、幅:31m、喫水:10.4m(瘠肥係数は大鳳と同じ)
出力:160000hpだと32kt弱、200000hpだと34kt
格納庫面積:大鳳の約1.25倍、搭載機:75機+、固有武装:5032号艦と同じ。
装甲飛行甲板:165m×23m
うーん、エレベーターは3基欲しい(それも舷側)、
あと、信濃みたいに一段開放格納庫にした方がなんとなくお得そうな気もする。

111 :空母太郎:03/04/09 20:27 ID:???
yamamoto と nagumo

は同型艦だな。

112 :名無し三等兵:03/04/09 21:12 ID:???
>>108
それは、戦艦としての伊勢型が、ってこと?

…それにしても、扶桑も伊勢も主砲を三連装四基で作っておけば
あとあと便利に使えただろうに……

スレ違いにつきsage

113 :名無し三等兵:03/04/09 21:51 ID:???
>112
というか金剛型8隻、扶桑型8隻が大正八八艦隊の原案。
伊勢型は改扶桑型だから、予算さえ十分ならあのクラスはもっと建造されて
るはず。
空母云々は、ミッドウェー後に検討された空母化の話と混同してるんではな
かろうか。

空母と関係ないのでsage

114 :名無し三等兵:03/04/09 22:05 ID:TF/5s7K0
しかし大鳳って美しい形してるよな〜。ウォーターライン3回作ったよ、買うたびに
値段が上がってたのは鬱だったが。

115 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/09 22:24 ID:0Pif9sYQ
>>110
時期的には超大和なんかと同世代なんだから、同じ程度には設計が固まってておかしくないんだけどね。
終戦時に資料が破棄されてしまったのかもしれん(泣

116 :名無し三等兵:03/04/09 22:48 ID:???
 >>112
 便利じゃないから連装にしたんだよ
 砲術科の兵員養成、人員の配置などこっちの方が経済的なんだ

 MI・FS・HI作戦が無傷で成功し、この時点で米空母が消滅していて豪が中立化し南方からの資源が
滞りなく輸送されていれば44年頃の米の反攻時には雲龍級が6隻ぐらいが完成しているか?
 改大鳳は建造中止だな 多分・・・

117 :名無し三等兵:03/04/09 23:37 ID:???
>>115
実は超大和型(って20インチのアレのことだよね)の設計も固まっていな
かった罠。
20インチ6門と伝えられる超大和型も、恵比寿に残ってる砲術関係者のメ
モなんかだと8万トン連装4基8門なんかの案もあって、こっちの方が本
命っぽく書かれている。

というわけで、ホントに詳細な設計は詰まっていなかったのだと思うよ。
個人的には、4万トンオーバーの大型空母になったのではと思うけど。
十五試陸爆の要求性能には艦載機としての使用が一時期盛り込まれたりも
したから、もしも完成したら艦上機型銀河を運用する勇姿が見れたかもと
妄想してみる。

118 :名無し三等兵:03/04/09 23:38 ID:???
>>116関連。。。
南方からの資源(がある地域の)確保ができたとして
本当に、紙上の計画通りのものが作れてかつ有効に運用できたのかなぁ。
航空機も増産できたとしてもさぁ。
(数は確保できたとしても、カタパルト・レーダー、性能の良い航空エンジン
などが史実よりいいものがじゃんじゃん開発されたとは到底思えないし。)
海戦や戦闘はより激化して史実よりはかなり白熱した戦いできたとは思うけど
米軍は実際よりもっと多くの兵器を生産・投入(ミッドウェー級空母?
ベアキャット?さらに多くの原爆etc...)
マジで、その前に富獄が大挙して米本土を空襲・焦土と化して、
帝國陸軍精鋭がホワイトハウスを取り囲んだとはずとか言い張る香具師って
やっぱりいるわけ?
虚栄心とかプライドとかで吐き散らすんじゃなくて、マジで。

119 :名無し三等兵:03/04/09 23:47 ID:/p/ks2Z7
雲龍六隻造る大変さ、というたら、あーた。
そりは、ひっじょーに、大変なことであります!
当時の日本の大型艦の同時建造能力を考慮すればね。

120 :名無し三等兵:03/04/09 23:52 ID:???
いや、116で言った事が実現されれば米軍の対日反攻スケジュールは大幅に遅れるわけ
通商破壊も米本土からだけになる
連合艦隊もインド洋に進出しロンメルを間接的に助ける事になる
そうすれば東部戦線・地中海の戦況も変わってくる
皇軍のワシントン攻略はおろか豪本土上陸さえ有るとは思わないけど歴史は確実に変わる
なんとか停戦に持ち込めればなぁと思っているだけ




121 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/10 00:28 ID:7Aukeypt
>>117
でもDは42年度スタートだから、設計は39〜40年頃には始めてないと。
アメリカが無条約時代に入ってホーネットをまず建造したのも、
新戦艦設計に人手が取られてエセックスの設計が遅れたせいなのよね。

122 :名無し三等兵:03/04/10 00:39 ID:3l36MjaS
逆にいえばG14は、かなり早い時期に破棄されたのかもね。
神戸での建造可能な最大艦型にが判らないけど。

123 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/10 01:01 ID:7Aukeypt
>>119
でも雲龍クラスなら四大造船施設以外でも建造可能よ。
佐世保とか。

124 :名無し三等兵:03/04/10 01:13 ID:NB+RzGo7
可能なのと、実際造るとの差だよね。
同時に六隻建ち上げても、それが予定通りいけるかはちと自信ない。
呉で一番作ってからだったらどうにでもなるだろうけど。

125 :名無し三等兵:03/04/10 01:16 ID:???
満州事変も、支那事変も、太平洋戦争もなく、ワシントン・ロンドン体制下の
マターリとした帝國海軍も見てみたいものだ。

126 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/10 01:17 ID:7Aukeypt
>>125
それ予想するの結構大変よ。
A計画艦には条約脱退を見越して建造された艦が多いからね。

127 :名無し三等兵:03/04/10 01:28 ID:???
>>126
水漬く屍になる艦や、水子になる艦や、ひたすら巨大化してゆく艦よりも
今の自衛艦みたいに、一発も敵に向かって撃たずに終わる幸せ?な艦も
たまには想像してみたくなるのでつ。

128 :名無し三等兵:03/04/11 21:20 ID:9tBvQnBq
>>125
まず、本当に赤城、加賀を26900Tに収める(もう無理か・・・。
龍驤を1段格納庫の7100Tで完成する。
それで余った(鳳翔は退役)20100Tで中型空母2隻造る・・・もうダメポ

81000Tでまともな空母戦力を整備しようとすると、
昭和8年くらいまで空母1隻も造らずに、いきなり蒼龍5隻作るとかの離れ技が
必要になってしまう。



129 :名無し三等兵:03/04/12 00:11 ID:???
条約をどう守るかより、条約をどうごますか考えれよ。
日本人くそマジメすぎるアルニダ。

130 :名無し三等兵:03/04/12 00:12 ID:???
条約スレいけよ

131 :名無し三等兵:03/04/12 00:15 ID:SdqxfRGE
日本再軍備宣言をだすってのは?

132 :名無し三等兵:03/04/12 00:18 ID:???
>>131
石原でも無理ニダアルよ。

133 :名無し三等兵:03/04/12 01:40 ID:???
誤魔化すならなんで条約なんか結んだんだ?

134 :名無し三等兵:03/04/12 01:46 ID:pM8ZFh3I
大鳳の方向以外で当時の空母が進むべき道はないかもね。
海水補填装置、カタパルト、高天井格納庫のほかは。
結構致命的なものもあるかも知れないけど。

135 :名無し三等兵:03/04/12 01:56 ID:???
>>133
そういう空気だったから

136 :名無し三等兵:03/04/12 02:00 ID:WrwNVwdS
>>129 史実でも誤魔化しまくってるのだが。

137 :とらいばる:03/04/12 03:33 ID:3TfoLb+R
>>128
赤城、加賀を作らないことが先決でしょ。
70機、30ノットなら18000トンで十分作れる

138 :名無し三等兵:03/04/12 03:42 ID:???
排水量計算だけ考えるなら、日本の軍艦って重い割には
戦力高くないよなぁ。それほど頑丈だとも思えんし。
(というかダメージコントロールが悪い?)


139 :名無し三等兵:03/04/12 04:11 ID:???
アメさんが異常なだけかもよ?

140 :名無し三等兵:03/04/12 11:06 ID:???
ダメージコントロールなら第三帝国が一番だわな。

141 :名無し三等兵:03/04/12 13:16 ID:???
>>138
凌波性と復元性に留意してるからで
イギリス艦に比べると戦力高いじゃん
アメさんはトップヘビーだもん

142 :名無し三等兵:03/04/12 21:28 ID:???
重いのは地球コマ搭載して揺れを減らす努力をしているからです

143 :名無し三等兵:03/04/14 20:49 ID:???
G14が、45000-50000tのでっかい空母だったのに、改Dでは、G15として改大鳳になっちゃったのは、
改Dの緊急性というより、やっぱり造船施設の問題なような気がしてきた。

大神が本当にできたとしても戦艦造らにゃならいから、呉、横須賀、大神の造船ドックは埋まってしまう。
となると、川崎/神戸、三菱/長崎、横須賀の壊れかけ船台で空母を建造することになりそう。
それぞれの建造可能な最大艦型はよく分からないけど(長崎は武蔵OK)、ミッドウェーみたいな大きさだと、
問題があったかもしれない。

というわけで、もしも戦争がなかったとしてもG14は早い時期にボツになってしまって、
Dの大型空母2隻も小型化が必要になり、詳細まで決定しなかったのでは?




144 :名無し三等兵:03/04/14 21:20 ID:???
日本が、安い空母たくさん造ろうとしたら。
Cからいきなり数だけ増やそうという気になったとして、
史実のCから15年計画:祥鳳、瑞鳳、龍鳳、飛鷹、隼鷹

昭和16年7月から神戸:長崎、17年7月から呉;横須賀でG18程度をひたすら建造しる。
船台にいる期間を、最初12ヶ月、2番目以降10ヶ月として、昭和18年5月に6隻進水。
ネックになる機関については、大鳳、雲龍、301号艦の分を半分づつとして6隻分とします。

19年3月までに全部完成すれば、マリアナ戦の時には以下の陣容になる。
1航戦:翔鶴、瑞鶴、2航戦:隼鷹、飛鷹、龍鳳、3航戦:瑞鳳、千代田、千歳、
4航戦:新@、A、B、5航戦:新C、D、E 合計14隻、搭載機約615機。
まあ、これで勝てるとは思えんけど、改D艦が決戦に間に合わなかった史実が
悔しいだけでのでっちageです。

145 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/14 21:49 ID:aDMbes4W
>>143
大神には戦艦用ドック1、空母・巡洋艦用ドック1が建設される予定でした(勿論他にも補助艦建造施設あり)。
つまり超大和と超大鳳1隻ずつを同時建造することが可能になるはずだったんです。

146 :名無し三等兵:03/04/14 21:52 ID:KSnakj5F
空母・巡洋艦用なら小さいような。

147 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/14 21:54 ID:aDMbes4W
>>146
空母なら3年、巡洋艦なら2年で1隻建造可能、です。
3年という建造ペースからみて、想定しているのは大型空母であると考えます。

148 :146:03/04/14 22:14 ID:???
>>147
45000-50000tの特大(280m×32m位?)という意味ですよ。
大鳳も大型で、実際は戦時だったので3年かからなかったけど、平時ならそのくらいは
かかるような。
まあ、実際のドックの大きさ知らんのに、言い掛かりみたいで申し訳ない。

149 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/14 22:40 ID:7AfxGLxi
>>148
いえいえ、お気になさらず。
改めて「海軍軍戦備」で調べました。

ドック:空母用×1、潜水艦用×1(同時2隻建造可能)
船台 :戦艦用×1、重巡用×1、潜水艦用×1(同時2隻建造可能)

戦艦・空母共3年で1隻建造。
この他、戦艦・空母各1隻の整備が可能。
ということで、呉や横須賀と同等以上の巨大工廠になることが約束されていますね。

それにしても、戦艦(ということは7万t近い大艦)ですら3年で1隻完成、というのはすごいです。
最新の工作機械なんかを惜しみなく投入するつもりだったんでしょうね。

150 :名無し三等兵:03/04/15 00:46 ID:???
大工廠を計画通り完成するのは大変だ。
金も時間も足りないよね。

151 :名無し三等兵:03/04/15 10:51 ID:???
確か1947年ぐらいにならないと使えなかったらしいな>大神工廠

152 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/15 13:05 ID:N+d6UOc9
>>151
そりゃ完工予定。
完成した施設を順次使用するだろうから、
44〜45年頃には軍艦第1号の建造がスタートしているでしょう、平時なら。

153 :名無し三等兵:03/04/15 20:57 ID:???
大陸の泥沼にはまらなければ、
原子力空母大和級
大和(大神)、紀伊(呉)、三笠(横須賀)、播磨(大神)
とかなってたかもな。

154 :名無し三等兵:03/04/15 21:20 ID:???
G14についての資料って本当になにもないの?
「Fく井氏の死蔵資料の中にある」EN藤氏とかがいってくれれば夢があるのに。
まあ、大鳳をそのままでかくした可能性が高いとは思うけどね。
昔、戦前における造船関係の本の宣伝に「日本にもアングルド・デッキの構想があった」
とかいう、謳い文句があったような記憶があるけど、読んだ人います?

155 :名無し三等兵:03/04/15 22:48 ID:???
>>152

確かに予定どおりなら昭和二十年に計画実行だけど、大型艦は大丈夫なのか?
超大和級戦艦は昭和二十年竣工予定だったが、工廠の進捗状況が悪くて二年くらい遅れると聞いたことがあるが。

156 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/16 16:54 ID:BnqPV8ZJ
>>155
勘違いしてますね。
昭和20年竣工予定はCの111号艦です。

157 :スレ違いスマソ:03/04/16 19:29 ID:???
111号艦の竣工予定は1944年末の筈では。

158 :名無し三等兵:03/04/16 20:09 ID:JXhXu8e+
信濃の方が後の完成になるんだよね。
大和に比べると建造期間短いです。

159 :名無し三等兵:03/04/17 00:42 ID:???
超大和は六門説を取ると、ほぼ大和と同型の船体ですよね。
八門説より六門説のほうが一般に知られているのは、
やはり八門説をとるとドックの大きさが間に合わないからなんでしょうか?

160 :名無し三等兵:03/04/17 00:46 ID:???
ここの住人の中で95年くらいに出た福井氏の6万ぐらいの本持ってる奴いる?

161 :名無し三等兵:03/04/17 01:45 ID:???
>153
イギリスがある程度の目安になるかと、、

162 :山崎渉:03/04/17 10:42 ID:???
(^^)

163 :名無し三等兵:03/04/17 16:52 ID:L5qekVoz
日本も戦後はCVANとかまでは手が回らんだろうな、当たり前だけど。

164 :村田:03/04/17 16:57 ID:???
フォレスタル

165 :山崎渉:03/04/20 05:31 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

166 :名無し三等兵:03/04/20 06:39 ID:zLVR9nhq
エセックスの建造費は、日本の大型空母に比べどうだったのでしょう?
船体は安そうな気がしますが、装備が高そうでもあるし・・・
建造期間でみると安上がりにもみえる。

167 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :03/04/20 11:04 ID:0L8Lm4AA
>>160
持ってますが、何か問題でも?(笑
学生(当時)に6万8千+消費税は無茶苦茶痛かった・・・

にもかかわらず、世界の艦船で広告見つけた数日後には予約申し込みしちゃってたあたり、
すでに更正不能・・・

168 :名無し三等兵:03/04/26 00:23 ID:???
信濃の設計は原子力空母エンタープライズに類似する点があったと何かの本に書いてあった。


169 :名無し三等兵:03/05/01 09:40 ID:???
>>166
安いんじゃないかな?
装備は全て規格品(12.7Mk4とボフォース)


53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)