2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【今の日本には】硫黄島の戦争【足りない精神】

1 :名無し三等兵:03/05/12 16:48 ID:zl7R7ifQ
日本軍が唯一アメリカ軍に最大被害を与えた戦争です。
しかし今の日本にはその時の死ぬ覚悟がないから駄目な日本になったと常々思います・・・

関連フラッシュ
http://members.tripod.co.jp/napowhis/haruyokoi.html

2 :名無し三等兵:03/05/12 16:50 ID:???
最大と言うからには唯一であるに決まってるのだが。

つーかこの板は精神論を語る板ではないので削除依頼よろしく

3 :名無し三等兵:03/05/12 16:51 ID:???
自営業阻止って書くの忘れた

鬱だ

4 :名無し三等兵:03/05/12 16:54 ID:???
>1はFlushについて語りたいだけでは?と小一(ry

5 :名無し三等兵:03/05/12 16:55 ID:???
関連資料がFlashだけというのは…
何ともはや…

本気で硫黄島での戦闘について話したいのですか?

6 :名無し三等兵:03/05/12 16:56 ID:???
最大被害を与えた戦争
           ~~~~~

日本語は正しく使いましょう

7 :名無し三等兵:03/05/12 16:57 ID:???
その『駄目な日本』が、どれほど多くの人々の努力の元で維持されているのか
>>1は想像出来んのだろうな…。

8 :名無し三等兵:03/05/12 17:07 ID:???
最大被害を与えた戦争とはパールハーバーでは?
           ~~~~~

9 :名無し三等兵:03/05/12 17:14 ID:???
>>6
そういう突っ込み方もあったか

10 :名無し三等兵:03/05/12 18:14 ID:???
少なくとも>>1が駄目人間であることは間違いないな

削除依頼出せこのカス

11 :名無し三等兵:03/05/12 22:29 ID:???
アメが硫黄島をネチッコク攻めた理由がわからない。意味ナイじゃん

12 :名無し三等兵:03/05/12 22:42 ID:c4vopaXz
>>11
B29に護衛戦闘機をつけたかった


13 :⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ◆DbCV61GINU :03/05/12 22:48 ID:???
硫黄島の本っていま何冊でてるっけ?

14 :名無し三等兵:03/05/12 22:53 ID:???
B29に護衛戦闘機なんか必要なのか?そのころの日本はそんな力残ってなかったのでは?

15 :名無し三等兵:03/05/12 22:56 ID:Yr7SU79m
FLASHを見てちょっとキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

16 :名無し三等兵:03/05/12 22:58 ID:???
>>14
お前は米軍好きなのか日本軍好きなのかどっちなんだ?

17 :名無し三等兵:03/05/12 23:05 ID:D38MenEH
仮に生産能力が壊滅した上に飛行場が厚木だけ残ったとしても
稼働できる迎撃機百機あれば、完全消耗まで延べ数千機。
B29の帰還率が仮に95lでも、迎撃機の完全消耗までに
護衛なしの出撃を繰り返せば、それだけで勝ち戦にしては甚大な被害がある。
辛うじて残った生産能力の一部によって、(米軍にとって既知未知に
関わらず)隠しだまの高出力迎撃機が完成すれば被害はさらに増える。
護衛戦闘機はやっぱり必要。

18 :名無し三等兵:03/05/12 23:06 ID:???
観念論を語って弱音吐きまくりの>>1
硫黄島から何も学んでいないことは確か。

19 :名無し三等兵:03/05/12 23:08 ID:???
>>18
確かに。WWUの最大の教訓は
精神主義は何も生み出さないってことだと思う。

20 :名無し三等兵:03/05/12 23:14 ID:???
日本の英霊に畏敬の念をもちかつ感謝するのは当然極まりないことであるが、
勝利目前で死ぬ可能性が極めて低い戦局に至った後に
あのような上陸戦を戦ったアメリカ兵にも尊敬の念を感じる。

漏れなら艦上勤務でも怖い。

21 :名無し三等兵:03/05/12 23:14 ID:???
一番足りないのは>>1のオツム

22 :名無し三等兵:03/05/12 23:22 ID:???
硫黄島があれだけアメに流血を強いることが出来た理由は万歳アタックを止めたからでないの?

23 :名無し三等兵:03/05/12 23:26 ID:IrsabJKN
サヨ必死だなw

24 :名無し三等兵:03/05/12 23:52 ID:fldQz+Pd
すっかり内容を忘れてしまったが、某新聞のコラムで、

「アフガンゲリラが地下の洞窟に立てこもって、(米国の)
 空爆を防いでいる。アメリカ人はそれを卑怯な行為と言っているようだが、
 そのような行為がいつから卑怯になったか、私は硫黄島の地下に
 眠る栗林中将に伺いたいものである。」

というような文を読んで、コーヒーを吹き出してしまったのを思い出す。


25 :bloom:03/05/12 23:53 ID:Ta7Hl+5f
http://homepage.mac.com/ayaya16/

26 :名無し三等兵:03/05/13 00:11 ID:2UyicbnY
よくあんな戦い方ができたもんだよな。
アメリカが良い意味で日本を評価する戦いだった様に思うのだが。

27 :名無し三等兵:03/05/13 08:15 ID:???
ペリリューと並んで優秀な指揮官に率いられた将兵はいかな奇跡を成し遂げる事が出来るかを示した好例だな。


28 :名無し三等兵:03/05/13 08:37 ID:???
栗林中将の訣別電の一部抜粋

ここに将兵とともに謹んで聖寿の万歳を奉唱しつつ、永久のお別れを申しあぐ。
防備上に問題があるとすれば、それは米国との物量の絶対的な差で、結局、戦術も対策も施す余地なかりしことなり。



29 :名無し三等兵:03/05/14 00:18 ID:???
この無惨な訣別電から精神論しか読み取れないのでは、
偉大な栗林さんも浮かばれまい・・・。
9/11テロでも思ったが、精神論者ってヤツは思想や宗教を問わず、
文明と現代軍事の敵だな。

30 :名無し三等兵:03/05/14 09:26 ID:XYfnWd/1
>>22
あと、水際で敵をくい止める作戦もな。

ついでにアメリカはこれで「穴の奴らをやっつけるには火焔放射器が一番」というワザを覚え、
次の沖縄で使って、民間人も大量に焼き殺した。

火だるまになって出て来るところを、ゲラゲラ笑いながら見てたらしいよ。


31 :名無し三等兵:03/05/14 10:52 ID:???
進め一億火の玉だ

32 :名無し三等兵:03/05/14 11:01 ID:???
>>29
持てる戦力を最大限に生かした戦術をとったのは事実だ。しかし大局をみれば、所詮は「精神論」
という事にしかならないよ。

>>24
爆笑してしまった(w

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)